ぱるのごはんと家族ごはん

天然酵母パンやヘルシースイーツ、野菜たっぷり料理など、家族が元気になる食卓をお届けしています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

黒ごま、黒糖、そば粉の天然酵母パン 

2008年5月31日(土)

天然酵母で和なパンを作ってみました。

kurogomaそば粉パン
黒ごま、黒糖、そば粉のパン

生地に油脂は加えず、仕込み水も水のみ。そば粉は少し多めです。

シンプルな配合に、相性のよさそうな和の材料を混ぜ込みました。

のばした生地に黒蜜をぬって、折りたたんで折りこみ生地風に見せてます。

焼きたてはしっとりやわらかく、酵母の香りが広がる感じ。

冷めると、もっちり噛み応えのあるパンになります。

ほどよい甘さが朝食にもGood。

お茶請けにもよさそうです。

☆黒ごま、黒糖、そば粉のパン☆
(材料・8個分)
強力粉・・・150g
そば粉・・・50g
元種・・・80g
黒糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2強
ぬるま湯・・・100cc
黒ごま・・・大さじ2

生地を捏ね上げてから黒ごまを混ぜ込み、生地をボールに入れて乾燥しないように1次発酵(6~8時間)

丸めなおしてベンチタイム(15分)

麺棒で25×20cmに伸ばして、黒蜜を薄く塗る。
二つ折りににして中央で半分に切る。
表面に黒蜜を塗ってから、ふたつの生地を重ねて4層になるようにする。
8等分にしてマフィン型に入れる。
二次発酵1時間。

190度で10分焼く。

※成型の説明が伝わりにくいはずっ!ごめんなさい。


昨日の晩に作ったものを一品ご紹介。

さんまの蒲焼 バルサミコソテー
さんまのバルサミコソテー

さんま・・・3尾
片栗粉・・・適量
バルサミコ酢・・・大さじ2~3
醤油・・・小さじ2
万能ネギ・・・適量

3枚おろしにしたさんまの表面に、片栗粉をつけてちょっと多めの油でかりっと焼く。
バルサミコ酢を加えてじゅわっと煮詰め、醤油を加えて火を止める。
万能ネギのみじん切りを散らす。

煮詰めたバルサミコがいいコクを出します。
黒酢でも美味しいです♪
万能ネギはたっぷりめに。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
スポンサーサイト

パン教室&ワイン会♪ 

2008年5月30日(金)

昨日はオトナだけのパン教室。
ブログつながりの仲良しさんが来てくれました☆

参加してくれたのは、かつらさんゃゃちゃんゆいちゃんyuiさんの4名。
かつらさんとゃゃちゃんは3回目。yuiさんは2回目、ゆいちゃんは初めての参加です。

テーマは「メロンパン」、「イングリッシュマフィン」、「初夏野菜とカッテージチーズのサラダ」。
みんなパン作り経験者とあって、生地の捏ね上がりも早い早い。
お野菜料理の準備もあっという間。

とーってもいい流れで出来上がりました。
ごま入りイングリッシュマフィン
ゴマ入りイングリッシュマフィン

いつもはプレーンのマフィンだけだけど、この日はゴマ入りも作ってみました。
プレーンマフィンの生地に、半ずりの白ゴマを大さじ1加えたもの。

ちょっと香ばしさが加わってなかなかGoodでした♪

パンが焼き上がって、サラダも仕上がったらパン教室は終了!
楽しい試食タイムは私も参加☆
美味しいワインと一緒にいただきました~。

ミュスカセック
ゃゃちゃんが持ってきてくれたミュスカセック2006
ラングドック地区 ミュスカ種100% マスカットの甘い香りがとっても華やか。
味わいはきりっと辛口。香りと風味のギャップが新鮮。
メリハリのあるワインです。
これはリピ決定!夏にぴったりです。

ラパッション
ラパッション グルナッシュ2006
これは私が用意した赤ワイン。
ルーション地区 グルナッシュ100%
果実実がぎゅっと凝縮された濃厚な味わい。色も濃い紫色でやや重め。
甘みがあってまろやかなので渋みは感じず、とってもフルーティで飲みやすい。
危険なワインです。

ちなみにこのワイン、「Real Wine Guide」の本当に美味しい赤ワイン特集で、みごと「旨安ワイン大賞」に選ばれてます。

ニース風サラダ

これは追加で作ったサラダ。じゃがいも、卵、ツナ、アンチョビ入りのニース風です。

ワインが南仏系だったから、ちょっと合わせて作ってみました。

みんなが気持ちよく食べて飲んでくれる姿がうれしくて、私もついついワインを空けてしまいました。
気がついたらいい時間。

みんなかなりいい感じだったらしく、帰路につくまで様々な事件があったようです。

ホントに楽しいパン教室(のち、ワイン会)でした☆
注)いつものパン教室にワインは出してませんよ。(笑

かつらさんのビスコッテイ
これは、かつらしゃんからいただいたおからビスコッテイ(ハーブと雑穀)
ガリガリ感がちょーハマる。香りもとってもいいんです。是非作り方を教えてもらいたいです。

ラムシフォン
大好き♪かつらさんのラムレーズンシフォン
私の誕生日を祝して作ってきてくれました☆うれしすぎ。
これ、本当においしいの。

薄力粉がなくて強力粉で作ったとのこと。
ごめん、違いが分からないよ。
それくらい今回も美味しかったの。

みんな来てくれてありがとね~。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

かつおのたたき、照り焼きチキン・・・晩ごはんいろいろ 

2008年5月28日(水)

今日は珍しく、晩ごはんシリーズ。

最近メインもので、「これまた作ろう!」と思ったものが続いたので、ご紹介しまーす。


まず、これ。
かつおのたたき梅和え
かつおのたたき まろやか梅和え
(材料・大体2人分)
かつおのたたき・・・15cmくらいのもの1本
新玉ねぎの薄切り・・・1/4個分
あさつきの小口切り・・・大さじ1
大葉の千切り・・・3~4枚分

☆梅干し・・・2個(種をとって包丁でたたく)
☆お酢・・・大さじ1
☆みりん大さじ1
☆しょうゆ・・・大さじ1/2
※梅干しの塩分によって醤油の量を調節

(作り方)
①かつおのたたきは5mmくらいの厚さに切る。☆の材料を合わせたものに冷蔵庫で30分以上漬け込む。
②玉ねぎとあさつきを合えて皿に盛り付ける。千切りの大葉をのせる。


お次は鶏肉
パリッとチキンの甘酢がらめ
カリカリチキンの甘酢照り焼き
(材料)
鶏もも肉・・・一枚
☆ニンニクのスライス・・・1/2かけ分
☆醤油・・・大さじ1
☆黒酢、またはお酢・・・大さじ1
☆みりん・・・大さじ1
☆ゴマ油・・・大さじ1/2

(作り方)
①鶏もも肉は、皮目にフォークで穴を空けて☆の材料と一緒に厚手のビニール袋に入れてもみ込む。
30分程度冷蔵庫で寝かせる。

②漬け汁をキッチンペーパーなどでふきとり(ニンニクのスライスも取り除く)、油を少々ひいて熱したフライパンに皮目から中火で焼く。肉の上から重しを置く。(重いホーロー鍋などがGood)

③皮目にいい焼き色がついてパリッとしたら、ひっくり返して再び重しを置いて中火で焼く。
肉からかなり油が出るのでキッチンペーパーなどで吸い取る。
全体に火が通ったらニンニクスライスごと漬け汁を加えて煮絡める。とろみと照りが出たら焼き上がり。
※重しを置いて、じーっくり焼くのがカリカリのポイント。

ふたつともなーんてことないシンプル料理ですが、こういうご飯にぴったり系が最近美味しく感じます。

次は、ちょりママんのアイデアを拝借したもの
toridango
プチトマト in 鶏だんご

先日ちょりママん宅にお邪魔したときにご馳走になったプチトマト入りの鶏だんごが忘れられず、作っ
たもの。(ちょりママん宅訪問記はこちら
(材料・6個分)
鶏胸肉・・・1枚
あたりめ・・・三本
塩こしょう・・・少々
プチトマト・・・6個
片栗粉・・・適量

①鶏胸肉の皮はフープロでこまかくして、粗くたたいた赤身に混ぜて再び包丁で叩く。
無添加のいかのあたりめをみじん切りにして加え、塩コショウを少々加える。

②①を6等分して、プチトマトを真ん中に入れて丸く形を整える。片栗粉をまぶしてからっと揚げる。

いかのあたりめは、軟骨っぽい食感をイメージして加えてみました。
そのままでも美味しいけど、ウスターソース、ケチャップ各大さじ1、バルサミコ小さじ1を混ぜたソースにつけて食べるとまた美味です。

あ、でもママの魔法のソースがやっぱり美味しいかな。

ちなみに・・・
ママンのポテトフライ
ママんのポテトフライ

ママん宅訪問翌日に作ったもの。
にんじんもフライにして、魔法のソースもどきでいただきました。

もどきでもうまい。
ママん天才!


最後に
今日のパン教室
今日のパン教室のようす

ぱくぱく食べるキッズたち。「せんせ~おいし~」の声がうれしいです。
メロンパンはやっぱり子どもにも大人気です♪


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

天然酵母のチーズケーキパンと週末ごはん 

2008年5月26日(月)

天然酵母のチーズケーキパン②
前回の記事で紹介した天然酵母のチーズケーキパン。ふわっふわのイーストバージョンの方がウケるかなと思ったけど、これはこれで家族に大好評でした。

噛み応えはあるけど、その分旨みもぎゅっ。私もこれはお気に入りパンの一つにしようと思ってます。

☆天然酵母のチーズケーキパン☆
(材料マフィンカップ4個分)
強力粉・・・200g
元種・・・80g
塩・・・小さじ1/2
てんさい糖・・・大さじ2
●溶き卵・・・1/2個分
●ぬるま湯・・・溶き卵と合わせて105cc

チーズケーキ生地の半量

生地を捏ね上げて6~8時間一次発酵

丸めなおして20分ベンチタイム

麺棒で20×15cmの長方形に伸ばしてチーズケーキ生地をスプーンで薄く塗り、手前からくるくる巻く。なるべくチーズケーキ生地が流れ出ないように注意。
包丁で四等分にカット。マフィン型に入れる。
流れ出てしまったチーズケーキ生地は上からかける。
お湯をはったコップと一緒にビニールをかぶせて50~60分2次発酵。

二次発酵後、表面にチーズケーキ生地をまんべんなくのせて、190度で20分焼く。

チーズケーキと一言で言ってしまうのはもったいないくらい、朝ごはんにもワインのお供にもなっちゃう万能パンです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

週末、父からわっさり旬野菜が届きました。

父のやさいたち
届く直前に、やおやさんでも野菜を購入。

冷蔵庫に入りきらないので、晩ごはんはやさい祭りでした。

アボカドと春菊のサラダ
アボカドと春菊のサラダ 柚子こしょうドレッシング和え
(作り方)
1cm角に切ったアボカド1/2個分、
さっと茹でて食べやすい大きさに切った春菊一束分、
ちぎったレタス3枚を、
柚子こしょうドレッシング(オリーブオイル大さじ1、レモン汁大さじ1、醤油小さじ1、柚子こしょう小さじ2)で和えて、塩で味を整える。万能ネギを散らす。

初夏野菜の和マリネ
旬野菜の和マリネ
(作り方)蒸したじゃがいも1個、
筋をとって茹でたスナップエンドウ10個、
スライスした新玉ねぎ1/4個分、
薄切りして塩もみしてからオリーブオイルをからめてグリル焼きしたなす一個分、
半分に切ったプチトマとを
和風マリネ液(醤油大さじ1、マヨネーズ大さじ1、ごま油小さじ1、粒マスタード小さじ1)であえる。

ほかにも3品作ったけど、長くなっちゃうので今日はここまでにしまーす。

いつも見に来てくれてありがとう☆
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

チーズケーキパン 

2008年5月25日(日)

昨日の誕生日には、色んな方々から温かいコメントをいただいて、ブログ続けててよかったなあとしみじみと感じてしまいました。
本当にありがとうございました!!

その誕生日、朝からやっぱりパン作り。

ちょっとアレンジって、バナナを練りこんだパン生地にカッテージチーズとヨーグルトのクッキー生地をのせて焼いてみました。
カッテージチーズパン


バナナとヨーグルトを練りこんだ柔らかめの生地をマフィン型に入れて、頭にクッキー生地をのせて焼いたんだけど・・・。

イマイチ。。。生地がしつこい?クッキー生地がしっとりしすぎ??

ぱるはおいしそうに食べてたからいいか。

ってことで、またまた気を取り直して今朝もチーズを使ったパンを作りました。

天然酵母のチーズケーキパン
天然酵母のクリームチーズパン
麺棒で伸ばした生地にチーズケーキ生地を薄く塗って巻き巻き。
4当分にカットしてマフィン型に並べ、上にもケーキ生地をのせて焼きました。
巨大なアメリカンマフィンみたい??

チーズケーキ帽パン
イーストで作ったふわふわチーズケーキパン
お帽子みたいでカワイイ♪

初めは天然酵母だけのつもりだったんだけど、チーズケーキ生地が余っちゃったので、立て続けにイーストでも作ってみたら、ふたつとも全く違う風味に仕上がってびっくり!!

天然酵母で作ったパン生地は、ノンバターなのでしっとりもっちりの噛み応えのあるパン生地になりました。酵母の風味とほどよい塩気がチーズケーキ生地と合っていて美味しい♪
甘さ控えめなのでお食事パンによさそうです。

イースト生地の方は、牛乳の量も多め。バターも加えているのでふっわふわ。甘みもほどよく、上品な菓子パンになりました。お子ちゃまにはこちらがおススメ。

リベンジ成功♪
チーズケーキパン、いい感じ♪♪次回はレモン果汁を少し加えて酸味を出してみようかな。
忘れないうちに配合をメモメモ!

☆チーズケーキ生地☆※粉200gのパン生地分
クリームチーズ・・・90g(室温)
無塩バター・・・15g(室温)
てんさい糖・・・30g
卵・・・1個(室温)
薄力粉・・・大さじ5

(作り方)
①室温に戻したクリームチーズ、バターを泡だて器で良く混ぜ、てんさい糖を加えてさらによくすり混ぜる。
②卵を割りいれ、分離しないようによく混ぜる。ゴムベラにもちかえて、薄力粉をふるいいれながらさっくり混ぜる。
※かなりとろとろの生地です。冷蔵庫で15分ほど休ませると少し扱いやすくなります。


☆ふっわふわのチーズケーキパン~イーストバージョン☆

(材料・小12個分)
強力粉・・・200g
てんさい糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ1/2
インスタントドライイースト・・・小さじ1
牛乳(30度にあたためておく)・・・140~150cc
無塩バター・・・・15g

(作り方)
① ボールに温めた牛乳と砂糖を入れて泡だて器で混ぜる。そこにイーストを加えて数分置き、軽く混ぜる。

② 別のボールに、強力粉、塩を入れてへらでざっと混ぜ、①を少しずつ加えながらひとまとまりになるまで混ぜる。

③ボールの中である程度まとまったら、台にうつしてこねる。真上からたたいては押し付けてまるめという作業をリズムよく繰り返す。10~15分くらいこねると表面に張りとつやが出てくる。ボールに戻して、バターを手のひらでもみこみ、生地にしっかり混ざったら台に取り出して再び滑らかになるまでこねる。

④生地を張らせるようにしてまるめ(このとき生地の温度は27度くらい)、ボールに入れる。
大き目のボールに35度前後のお湯を少し張り、湯せんの要領で生地を入れたボールを入れてビニールで全体を覆う(乾燥を防ぐため)。
35度前後の場所で発酵。(一次発酵)。
季節にもよるが、30~40分程度で2倍の大きさに膨らむ。
※一次発酵中に、クリームチーズ生地を作って冷やしておくと良いです。

⑤12分割して、それぞれを丸める。濡れぶきんをかぶせて10分ほどベンチタイム。

⑥成型する。
一個ずつ丸めなおして、オーブンシートをしいた天板にしっかり間隔をあけて並べる。35度くらいのところで20~30分二次発酵。
   
⑦二次発酵後、スプーンで当分にクリームチーズ生地でのせて、190度に予熱したオーブンで15分ほど焼く。
※クリームチーズ生地は、絞り出し袋に入れて、パン生地の表面に渦巻きのようにのせて焼くときれいに仕上がります。絞り出し袋を使うのが面倒なのでスプーンでのせました。

天然酵母バージョンは、メモっておいたのでまた今度。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

枝豆&豆乳フォカッチャ 

2008年5月23日(金)

枝豆&豆乳ベーグルに続く、「枝豆&豆乳シリーズ」第二弾!

枝豆&豆乳フォカッチャです。

枝豆豆乳フォカッチャ


シリーズ第三弾ぐらいまでは続きます。

パンの水分量を豆乳に代えると生地が固くなると思い込んでいたけど、ちょっと多めに加えれば全然OKみたい。

むしろふんわりしっとりで美味しい??

このフォカッチャ、ベーグルより気に入ってます。

小さめのプチフォカッチャです。

今回はイーストで作りました。


☆枝豆&豆乳フォカッチャ☆

(材料 プチ五個分)※食べきり個数、食べ切りサイズ
強力粉・・・100g
塩・・・小さじ1/4
砂糖・・・小さじ1
インスタントドライイースト・・・小さじ1/2
EXVオリーブオイル・・・大さじ1/2
豆乳(30度くらいに温めたもの)・・・75cc
枝豆(さやから出して薄皮もむく)・・・25g

表面用EXVオリーブオイル・・・適量

(作り方)
① ボールに豆乳と砂糖を入れて泡だて器で混ぜる。そこにイーストを加えて数分置き、軽く混ぜる。

② 別のボールに、強力粉、塩を入れてへらでざっと混ぜ、①を少しずつ加えながらひとまとまりになるまで混ぜる。

③ボールの中である程度まとまったら、台にうつしてこねる。真上からたたいては押し付けてまるめという作業をリズムよく繰り返す。10~15分くらいこねると表面に張りとつやが出てくる。ボールに戻して、オリーブオイルを加えて手のひらでもみこみ、生地にしっかり混ざったら台に取り出して再び滑らかになるまでこねる。
枝豆を加えてまんべんなく混ぜ込む。

④生地を張らせるようにしてまるめ(このとき生地の温度は27度くらい)、ボールに入れる。
大き目のボールに35度前後のお湯を少し張り、湯せんの要領で生地を入れたボールを入れてビニールで全体を覆う(乾燥を防ぐため)。
35度前後の場所で発酵。(一次発酵)。
季節にもよるが、30~40分程度で2倍の大きさに膨らむ。

⑤5分割して、それぞれを丸める。濡れぶきんをかぶせて10分ほどベンチタイム。

⑥成型する。
手のひらで押して平たくし、オーブンシートを敷いた天板にお湯を貼ったコップと一緒に並べる。ビニールをかぶせて30度前後のところで20~30分発酵。
二次発酵後、表面にオリーブオイルを塗り指で4箇所穴を開ける。
   
⑦190度に予熱したオーブンで12分ほど焼く。


子どもも大好きな枝豆。
Palも喜んで食べると思いきや、同時に作っていたよもぎあんぱんが気になって一口で「いらな~い」。

よもぎ色なのに、またこんなん作らされました。

蓬アンパンマン

既に鼻をかじられたバイキンマン。

このあんぱん、Palは大喜びで食べたけど、実は失敗作。

朝5時前、生地を計量している最中にPalが起きてしまったので、慌てて塩を入れ忘れちゃったみたい。

試食するまで気づかなかったけどね。

ゼッタイ美味しくできた自信があったのに、な~んかぱっとしない。
手作りあんこが甘さ控えめすぎた??と思いながら食べ続け、半分以上食べてから「あ、塩だ・・・」とやっと気づいたんです。

塩を入れ忘れるなんてありえない!!
せっかく作ったのになあ。

もったいないので、塩分控え目が望ましい両親のところへ持っていくことにします。


蓬あんぱん中身
中身もちゃんとあんこぎっしり。おいしそうでしょ。見た目は・・・。

明日はMy Birthday!
気を取り直して明朝また美味しいパンを作ろ~♪♪
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

マフィンと一緒に♪初夏野菜とカッテージチーズのサラダ 

2008年5月22日(木)

今朝、PCに画像を取り込もうと思ってカードリーダーにディスクを差し込んだら、何故か入らない・・・。

おっかしいなと思いながら差込口を除いたら、クリップが詰まってるっ。

そういえば、昨日私がPCに向かっているときに、となりでpalがイタズラしてたなあ。
「ちっ」っと朝から腹立たしく思ったけど、きっとpalは淋しかったんだよね。ごめんよpal。

ところで、今月のパン教室で作ってるイングリッシュマフィン。
メロンパン人気で存在感が薄いけど、意外な美味しさにみんな喜んでくれてます。

平焼きマフィン


型も使わず、材料も作り方もシンプルなので、あっという間に作れて朝ごはんにも間に合っちゃうかも!?というパンです。


☆型なしイングリッシュマフィン☆

材料(12個分) 
・強力粉 200g 
・粗引きコーンミール・・・大さじ2
・無塩バター 5g(室温) 
・インスタントドライイースト 小さじ1(3g) 
・砂糖 大さじ1  
・塩 小さじ1/2 
・ぬるま湯130ml (常温30度くらい) 

・表面用コーングリッツ・・・適量 

(作り方)
① ボールにぬるま湯と砂糖を入れて泡だて器で混ぜる。そこにイーストを加えて数分置き、軽く混ぜる。

② 別のボールに、強力粉、コーンミール、塩を入れてへらでざっと混ぜ、①を少しずつ加えながらひとまとまりになるまで混ぜる。

③ボールの中である程度まとまったら、台にうつしてこねる。真上からたたいては押し付けてまるめという作業をリズムよく繰り返す。10~15分くらいこねると表面に張りとつやが出てくる。ボールに戻して、バターを手のひらでもみこみ、生地にしっかり混ざったら台に取り出して再び滑らかになるまでこねる。

④生地を張らせるようにしてまるめ(このとき生地の温度は27度くらい)、ボールに入れる。
大き目のボールに35度前後のお湯を少し張り、湯せんの要領で生地を入れたボールを入れてビニールで全体を覆う(乾燥を防ぐため)。
35度前後の場所で発酵。(一次発酵)。
季節にもよるが、30~40分程度で2倍の大きさに膨らむ。



⑤12分割して、それぞれを丸める。濡れぶきんをかぶせて10分ほどベンチタイム。

⑥成型する。
一個ずつ丸めなおして表面にコーングリッツを押し付け、オーブンシートをしいた天板にしっかり間隔をあけて並べる。オーブンシートを上からかぶせ、その上からもう一枚の天板をかぶせる。35度くらいのところで20~30分発酵。
   
⑦190度に予熱したオーブンで15分ほど焼く。

天板かさね
天板を重ねている様子。分かりづらい???

二枚の天板の空間がどのくらいの幅になるかはオーブンによってちがうけど、この分量で12個分にするとだいたい調度いい感じになるようです。

でも、天板が二枚ないという家庭も多いのでは・・・。

そんな場合は天板重ねて平焼きにせず、そのまま焼いてももちろんOKです。
ぷっくりマフィン

こんなプチパンもかわいいです。


マフィンと一緒にこんなサラダもどうぞ♪

初夏野菜とカテージチーズのサラダ
初夏野菜とカッテージチーズのサラダ

(材料) 
ソラマメ・・・さやから出した状態で100g  
アスパラガス・・・1束  
トマト・・・1個 
カッテージチーズ・・・大さじ2 
オリーブオイル・・・小さじ2 
塩・・・少々


(作り方)
①ソラマメはさやからだして、塩を一つまみ加えた熱湯で3~4分ゆでてざるにあげる。
粗熱が取れてから薄皮をむいて半分の厚さにする。アスパラは根元1cmを切って、半分に切る。
下半分をピーラーで皮をむき、塩を加えた熱湯でまず下半分を1分ゆで、上半分を加えて1分半茹でる。ざるにあげてさまし、3cmの長さに切る。トマトはヘタをとってざく切りにする。

②ボウルに粗熱が取れた野菜類とオリーブオイル、塩、好みでレモン汁少々を加えてあえる。

※好みで黒こしょうをひいていただいても美味しいです。
※ソラマメの代わりに、枝豆やかぼちゃでも美味しいです。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

くるみとブルーチーズのバゲットとスペインワイン 

2008年5月21日(水)

前回、挑戦的なパンってことでハニーブルーチーズバゲットを紹介したにもかかわらず、またブルーチーズを使ったパンを作りました。

ブルちーノア


単純に、ブルちーが消費できないのでパンにしちゃってるって感じなんですが、この日はワイン教室があったので差し入れパンとして焼きました。ワイン教室は、くせくせチーズOKな方々ばかりなので。

生地は天然酵母のくるみパン。200gの粉で生地を作って、半分はプレーンのくるみパンにしました。

くるみパン3
プレーンクルミパン

材料の配合

強力粉・・・200g
元種・・・80g
てんさい糖・・・小さじ1
塩・・・小さじ1
ぬるま湯・・・100~110cc
ローストしたくるみ・・・30g

ブルーチーズ・・・適量
はちみつ・・・適量

くるみを練りこんだ生地を1次発酵させて、ベンチタイム後の成型の際、半分の生地にブルーチーズを巻き込みました。

仕上げはやっぱり、切り口にたっぷりハニーをのせます。


さて、久々にワインについて。

今月はスペインワインについて学びました。
イタリアばりに様々な葡萄品種があるスペインワインだけど、主品種はテンプラニーニョとガルナッチャ。いずれも赤ワインで有名です。

テンプラニーニョは、若いものと熟成してるものでは風味が全然ちがいます。
若いのはタンニンも酸味も強いものが多いけど、熟成してるものはまろやかでどっしり系が多いです。
スペインは暑い国だから、若いうちに葡萄を収穫しないとダメになっちゃうことが多いらしく、熟成させる技術が必要なので、若いテンプラニーニョが多いみたいです。

ガルナッチャは、フランスでいうグルナッシュと同じ品種だけど、気候が違えば風味も違うワインができるんですよね。飲み比べるとまったく違います。

スペインでは、白ワインをほとんど造ってないんだけど、ポルトガルの上に位置するリアス・バイシャスというところで美味しい白ワインを作ってます。

あと、有名なスパークリングワイン「CAVA」は、バルセロナ近郊で作られています。

この日は、リアスバイシャスの白ワインを試飲しました。

リアス倍謝す
ラベルがなんともおしゃれです。となりの写真は生産者のおじさん。

リアスバイシャス
かなり黄味がかってます。
熟成してとろみがかったこの白ワインは、持参したパンともぴったりでした。

今日はチーズまで用意されてました。
ラングル
シャンパーニュ地方のラングル
ぶりー
フランスのどこかで作られたブリー

もう1本、珍しいワインを試飲させていただきました。

ビーニョ
ポルトガルの白ワイン「ビーニョ・ベルデ」

微発砲で、すっきり軽い白ワイン。
するするいけちゃいます。

ちなみに、お教室ですから、全部空けちゃったわけじゃないですよ。
昼間だし、子連れですからね~。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

お酒好きに好評!?ハニーブルーチーズバゲット&週末の出来事 

2008年5月19日(月)

ちょっと挑戦的なパンを作りました。

ゴルゴンゾーラ&ハチミツ
ハニーブルーチーズパン

ライ麦生地にくせのあるブルーチーズを巻き込んで、焼き上がってからクープの開き口にハチミツをのせました。

何が挑戦的かって、ブルーチーズって苦手な人が多いんですよね。
私は好きだから、自分ひとりで楽しむにはいいんだけど、このパンは何を隠そう手土産用。
お渡しするかたに確認してみるのはちょっとやぼだなあと思って、ドキドキしながら作りました。

なので、ライ麦バゲット3本のうち、この「ハニーブルーチーズ」は1本だけ。
残りの2本はプレーンのままにしました。


忘れないうちに配合を。メモ程度ですいません。

ライ麦パン
(材料・6本分)※この日、生地の半分をいちじく&はっさくピールパンにしました。
強力粉・・・200g
ライ麦粉・・・100g
元種・・・120g
ぬるま湯・・・140~150cc
塩・・・小さじ1
てんさい糖・・・小さじ1

一次発酵→8時間、ベンチタイム→20分、二次発酵→1時間、焼成→250度で14分

☆ブルーチーズバージョン☆
・ベンチタイム後、生地を手のひらで伸ばしてからチーズ(好みの量)を散らし、手前からくるくる巻き込んで二次発酵。

・発酵後、真ん中にクープを1本入れて焼成。焼きあがった後、開いた切り口にハチミツを適宜たらす。

さてさて、このパンを持って訪れた先というのは、みんなの人気者ちょりまめ日和のちょりママ宅。

前回の記事で予告しましたが、週末楽しい食事会があったので~す♪

集まったのは、年下なのに色っぽくて姉さま雰囲気たっぷりのママちゃん。おしゃれ野菜料理の達人、兼飲み会隊長のうーらちゃん

うらりんとはもう何度か会ってたけど、ちょりママんもママちゃんも今回が二回目。
一回目はあんまり会話を交わしてないのに、会った直後から盛り上がる盛り上がる。
待ち合わせした駅からちょりママ宅に到着するまでには、もう数十年来の友人ばりでした。

夕ごはんをごちそうになる予定なのに、集合はお昼。「ちょっと早すぎ??」って思ったけど、
そんなことは心配無用。
あっという間に夕方になり、気がついたらビール開けてました。(声かけたのは私だけど・・・)

プレママ初期のママちゃんは、大事な時期なので夕方ごろ帰りました。
盛り上がり絶頂のところだったので、ママちゃんもとってもザンネンそうだったけど、お腹のベビちゃんが大事だからね。

会話が弾みまくる中、ママんが用意してくれた数々のご馳走で~す。

どれもこれも食べたかったものばかり。
kabunozennsai
かぶのカルパッチョ ゴマソースが美味!

poteto hurai
ポテトフライ 魔法のソース これもうま!ぱるもお気に入り。

kanbutunokinpira
もやしと切干のひじききんぴら 歯ごたえもいい感じ。白味噌のコクが上品。

kyuurinotikemono
きゅうりのウマ漬け。ぽりぽり止まらない。

gari
これも止まらない。新ショウガのハチミツ梅酢漬け。

gyuusuji
牛すじの赤ワイン煮。牛すじがとろっとろ。うますぎです。

このほかにも、アボガドの海苔シソ巻きとか、ホタテのサラダとか、たっくさん美味しいものを用意してもらっちゃいました。
ホントに感謝です~。ママんありがと~。

palもちょりちゃんと存分に楽しんで、帰りはぐっすりでした。
あんなに長時間仲良く遊ぶなんてめずらし~です。
すっかりちょりちゃんLOVEなpalは、翌朝も「ちょりちゃんと遊んだ」を連発してました。

親子ともども良い(酔い)週末でした♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

天然酵母の枝豆&豆乳ベーグル 

2008年5月17日(土)

人気ベーグル店「ベーグル&ベーグル」のメニューにもある“枝豆&豆乳ベーグル”を、天然酵母で作ってみました。
枝マメ豆乳

枝まめ豆乳断面
枝豆ぎっしりです

粉200g+元種80gという生地に、枝豆50gはわりと多め。
焼きたては酵母の甘い香りが強く感じられるけど、時間がたつと大豆の濃厚な香りがします。
豆乳のマメっぽさも相まって、かなりお豆の濃い~味がするパンになりました。

(配合)
強力粉・・・200g
元種・・・80g
てんさい糖・・・大さじ1/2
塩・・・小さじ1
豆乳・・・110cc(30度くらいに温める)

むき枝豆・・・・50g

①枝豆以外の材料をボウルに入れて生地を捏ね上げ、枝豆を加えて全体に混ざるようにもみ込む。
25度くらいのところで6~8時間発酵。
②7分割して棒状に伸ばし、リング状に端と端をつなげる。30分二次発酵。
③沸騰したお湯に砂糖を大さじ1加え、片面30秒ずつゆでる。
④予め200度に予熱しておいたオーブンで13~14分焼く。

palをはじめ、まわりの子ども達はみんなお豆好き。
中でも枝豆は大人気です。

来月のパン教室では枝豆を混ぜこんだパンも作ろうと思ってます。

☆☆☆☆☆☆☆☆

月に数回出動している食育講座の中で、子供用のお弁当レシピを考案中です。

その中の一つ、鮭を使ったシューマイを試作しようと思ってたのに、シューマイの皮を買い忘れちゃいました。
すぐ買いに行けそうになかったのであきらめようと思ったんだけど、どーしても作ってみたくて「海苔」を皮代わりにして作ってみることに・・・。
鮭のりシュウマイ
???
見た目は何か笑えるけど、味はいー感じ。
海苔もいい味だしてます。これはこれでありだったりして。

☆鮭海苔シューマイ(8個分)☆

豚挽き肉・・・100g(この日は鶏挽き肉で代用)
鮭の切り身・・・1切れ
玉ねぎのみじんぎり・・・1/4個分
しょうがのみじん切り・・・少々
片栗粉・・・小さじ2
しょうゆ、砂糖、ゴマ油・・・各小さじ1
塩・・・小さじ1/4
枝豆・・・8粒
海苔・・・5cm角×8

作り方
①鮭の切り身は、骨と皮を除いて1cm角に切る。
②ボウルに玉ねぎのみじん切りを加えて塩少々(分量外)をふり、五分ほど置いておく。水気をペーパータオルでふき取って、片栗粉を加える。

③②に、挽き肉、しょうが、①の鮭、調味料を加えてもみこみ、八等分して丸める。
海苔を貼り付けてラップにくるみ、枝豆をのせて茶巾のようにしぼる。

④蒸気の上がった蒸し器で7~8分蒸す。酢醤油をつけていただく。



今日は、とーってもステキな人からお呼ばれされてます♪
(ヒント・仲良しブロガーちゃん。面白いお方。ママ。パンも料理もすんごく上手。)

ライ麦シリーズ


さっき焼きあがったライ麦パンを持ってお伺いしまーす☆
写真中央は、ゴルゴンゾーラ&ハチミツ、その左右長細いのはプレーンのライ麦バゲット。
奥のちびっこいのは、いちじくとはっさくピール入りパンです。

パン作りもお料理も上手なそのお方にお持ちするには、少々出来が悪いのですが、うちの酵母パンを試食してもらいたいと思ってまーす。

この報告は後日~☆
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

まるでおせんべい!?和風エピと、友人宅ご訪問 

2008年5月16日(金)

ずっと試してみたかった、醤油&みりん風味のエピをやっと作ってみました。

醤油みりんエピ

海苔を巻き込むときに、醤油とみりんを合わせたものをぬってから海苔を置いてくるくる。
焼きあがったら熱いうちにまた醤油とみりんを合わせたものをたっぷり塗ります。

奥は、スライスチーズバージョン。これも、焼き上がりに醤油とみりん。

ゴマエピ
こちらゴマバージョン。

どれも香ばしくておいしー!!

これらは、中学以来のお友達宅にお邪魔するときの手土産でした。

箱詰めメロンパン
箱詰めメロンパンも一緒に♪

メロンパンは焼きたてがおいしーからお土産にはしたくなかったけど、みんなが切望してくれたので作っていきました。

予想以上に喜んでくれてうれしかった~。
キッズにも大人気でした。

この日は、友人宅で夕飯作り♪

やっぱりお酒にあうおやちゃい料理が中心です。

にらとクリームチーズ
にらとクリームチーズのサラダ(登場回数多し・・・でも毎回好評なんです♪)

アボガドディップサラダ
アスパラのアボガドディップサラダ(これはその場の思いつき)

じゃがとインゲンサラダ
じゃがいもといんげんのブロッコリーペースト和え(友人宅の冷蔵庫でダメになりそうだったブロッコリーを蒸してペースト状にしました)

ボンゴレ日あんこ
ボンゴレビアンコ

あとは、ネギ塩厚揚げトーストうーらちゃんのレシピです。
ものすごい大量に作ったので見栄えが悪く、写真はカットです。

これ、何回作ったかなあ?塩ダレはいまも冷蔵庫に常備されてるので、週に数回食べてるかも。
とにかくおいしー。みんなにも大ウケでしたよ。
うらりん、ありがと~。


前回の記事と、料理のテイストがかぶってる気がする~。
パンばっかり食べてそうなイメージかもしれないけど、私は最近ごはん党。
朝と夕ごはんは和食なのです。

「ごはんに合う!」といえば、これ!
ママんのそぼろ
ちょりママんの「甘酸♪おから海苔そぼろ」!!

おからは、油をひかずに乾煎りする感じでぽろぽろになるまでいためました。
おから100g、人参1本に分量を替えちゃったけど、調味料はそのまま。

ずっと作りたくて、レシピをコピーしてたんだけどなかなか作れずでした。
このたびようやく作ってみたわけだけど、、、

すんごーくおいしい☆ご飯もりもり~。palももりもり~。

家族もにんまりの美味しいお惣菜、ちょりママんありがと~。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

天然酵母バゲットとおもてなし 

2008年5月12日(月)

おうちで焼くフランスパンは、イーストで作ったほうがフランスパンっぽく焼けるなあと思ってたけど、
久々に天然酵母で焼いたら、やっぱりこっちの方が美味しー!!

天然酵母バゲット

バゲット中身

北海道産のブレンド強力粉を使ってるんだけど、精製度が低いのでクラムもほんのり茶色です。

全粒粉バゲット
これは全粒粉とライ麦を混ぜたバゲット。
プレーンといちじく入りです。

いちじく入り
いちじく入りの方の断面

ライ麦が入ると、ほんのり酸味のあるパンになります。
こういうパンは、赤ワイン&くせのあるチーズにぴったりなんです。

このパンは、アメリカから帰国したばかりのお友達が遊びに来てくれた日に焼きました。

この日に作ったお料理
春野菜パスタ
いろいろ春野菜のサラダパスタ

スナップえんどうのダブルチーズ和え
スナップエンドウのダブルチーズ和え

パプリカのマリネ
赤ピーマンのマリネ

エリンギの豚ロースまき
エリンギの豚ロース巻き バルサミコソース

ほとんど、お友達が到着してから作ったからあんまり考えずに用意しちゃった感じ。
混ぜる、和える、オーブンに入れるだけのちょー簡単おもてなし料理でした。。。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ



ノンエッグ☆ヨーグルト風味のメロンパンといろいろ~ 

2008年5月11日(日)

4日間もブログを放置してしまった・・・。
更新しようと早起きしても、お教室の準備や家事に追われて手がつけられない!!!

う~ん、何から書いていいのやら・・・。

とりあえずお教室のご報告。

先日のパン教室に、卵アレルギーを持つママが参加。
他のみんなと同じものが食べられないとかわいそうということで、ママだけの参加となりました。

卵だけNGってことだったので、卵なしのノンエッグメロンパンをご提案。
ヨーグルトメロンパン
ノンエッグ☆ヨーグルト風味のメロンパン

パン生地には、卵を使っていないので、いつもと同じ。
クッキー生地は、卵なしのヨーグルト風味で作りました。

見た目は、少し白っぽい感じ。
ほとんど変わりません。

ほんのり酸味の効いたさわやかなクッキー生地は、サクサクでとっても軽く、パン生地の相性もばっちりでした。

これはこれで、メロンパンのバリエーションとして大アリ。

アレルギーのことでいうと、本当は乳製品もカットした方が良いんだろうなと思ったけど、それはご家族が選択することなのかなーと思います。

今回私が提案したのは、卵なしでどれだけ普通のメロンパンに近いものができるかということ。

もう少し時間があったら、乳製品もカットしたメロンパンを考えられたかもなあと少々悔やまれます。


☆ノンエッグ・ヨーグルト風味のビスケット生地☆ 

(材料)
バター(室温に戻しておく)・・・50g
グラニュー糖・・・40g 
ヨーグルト・・・30g
薄力粉・・・120g

(作り方)
①バターをクリーム状にし、グラニュー糖を加えて泡だて器でよくすり混ぜる。ヨーグルトを加えてさらによく混ぜる。
②ヘラに持ち替えて、ふるった粉を加えてひとまとめにする。ラップに包んで20cmの棒状に形を整え、冷蔵庫で半日から一日冷やす。


パン生地の作り方は、こちらの「サクサクふんわりメロンパン」と一緒です。

行楽弁当
これは、先日作ったお弁当

・鮭とおからのじゃがバーグ 青しそ巻き
・海苔チーズのインゲン巻き
・かぼちゃのごま茶巾
・しんじゃがとドライトマトのぺペロン
・形いろいろおにぎり


最近、お弁当を作る機会が多いので、お弁当作りも楽しく研究中です。

でもうちの子、どーしても他のママが作ったお弁当が気になるみたいであんまり食べてくれないの。

Palの気をひくような魅力的なお弁当を作るべく、次回は頑張ろうと思います♪



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

よもぎあんぱんと鯉のぼり寿司 

2008年5月7日(水)

連休中、近所の製菓&製パンショップの店頭に、乾燥よもぎが置いてありました。

「子どもの日に柏餅を作ろう!」ってことみたいで、丁寧にレシピまで置いてあったけど、私はよもぎあんぱんを作ることにしました。

よもぎあんぱん
まんまる成型にしました
yomogiあんぱん中身
中身はこんな感じ

自家製天然酵母で作ったよもぎ入り生地は、油脂ゼロの噛み応えがあるフランスパン系生地。
中身のあんこは、以前煮て冷凍ストックしておいたものを煮詰めたもの。
昆布を加えててんさい糖と米飴で煮てます。少し塩味も効いてます。

木村屋のあんぱんは酒種を使って作ってるというのを思い出して、あえて天然酵母で作ってみました。
我が家の自家製酵母は干しぶどう主体なので、そんなにクセのあるものではないんですが、フルーティな風味があんことバッチリあっててとっても美味しいアンパンができました。

酒かす酵母で作ったらもっと美味しくできそう♪
挑戦してみたいなあ。

(生地の配合)
強力粉・・・200g
乾燥よもぎ・・・大さじ1
元種・・・80g
てんさい糖・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2
ぬるま湯・・・110cc

(工程メモ)
①生地を捏ね上げてあたたかいところで8時間くらい一次発酵。
②8分割して20分ベンチタイム。
③生地を円形にのばして餡を包み、綴じ目をしっかりつまむ。黒ごまを少し押し付ける。
④200度で15分焼く。


このパンを焼いたのは今朝だけど、子どもの日に合わせて作ればよかったな。

こどもの日には、鯉のぼりのお寿司を作りました。

鯉のぼり寿司


赤ピーマン、インゲン、人参が入った混ぜ寿司を土台に、薄焼き卵と海苔、紫蘇でひれをつけました。

こういうのを作るとPalは喜ぶけど、あんまり食べてくれないんですよね。

見た目だけでごちそう様みたいです。

GW中、久々に餃子を作りました。
海老ニラ餃子
ニラたっぷり海老ニラ餃子

ニラ一束、豚ひき肉180g、海老50g、オイスターソース小さじ1、塩ごま油少々を混ぜてこねこね。
市販の餃子の皮で包んで焼きました。この分量で25個ぴったりできました。

焼き方はイマイチだったけど、海老のぷりぷり感がとっても美味しかったです♪
今度は皮作りにも挑戦したいです!


☆ありがとうございます☆

みんなのコメントに励まされて、毎日のお料理&パン作りを楽しめているのにレスポンスが遅くなって、本当に失礼でごめんなさい。
皆様のすばらしいお料理も、毎回参考にさせてもらってます。

どうぞこれからも仲良くお付き合いくださいね。



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

型なし簡単☆イングリッシュマフィン&旬野菜のお惣菜 

2008年5月4日(日)

GWも後半に突入ですね。
今日こそおでかけ~♪の予定だけど、天気はイマイチです。

昨日も思い切り遊べなかったPalは、体力ありあまってる様子。

アンパンマンのビデオをみながら激しく歌って踊ってます。

一方、私は朝からマフィン作りでっす。
イングリッシュマフィン
型なしイングリッシュマフィン

普通は型を使って作るイングリッシュマフィン。
でも、パン教室に来てくれる生徒さんたちのお宅にはないだろうから型なしで作ります。

画期的な手作りマフィン型を提案していたちょりママんに習って手作り型を作ろうかと思ったけど、ちびっこマフィン10個分の型作りはちょいとしんどい・・・。

改めてちょりママんのマメ仕事に感心してしまいました。

型なし手抜き法でも、まあマフィンっぽい!?
ちゃんとふんわりしてて美味しく焼けてます。

マフィンとソラマメペースト
ソラマメペーストを塗っていただきました。

ソラマメペーストは、さやごと茹でて皮をむいたソラマメ(さやから出した状態で100g分)、白練りゴマ小さじ1、オリーブオイル小さじ1、豆乳大さじ1と1/2、塩をフードプロセッサーでペースト状にしたもの。
にんにく&オリーブオイルが入ったイタリアンバージョンも好きだけど、これも美味しい♪
マフィンによく合ってました。


先日父から大量に届いた葉付き人参。

かつらさんのアイデアをもとに、ペースト状にしてストックしました。
人参葉以外は、izumiさんの春菊ジェノベーゼソースの材料と同じです。

じゃがいもの人参葉和え

蒸した新じゃがいもに和えて、パルミジャーノのすりおろしをかけていただきました。
これまたワインにぴったりの一品ができました。

赤ピーマンも出回り始めました。
初夏を感じますね。
パプリカと桜えびあえ

赤ピーマンのゴマ&桜えび炒め
ピーマンの千切り、桜えび、ゴマをごま油で炒めて、醤油とみりん少々で味付けたもの。
何の変哲もないおかずですが、ご飯にぴったり。
お弁当にもGoodです。
パプリカのヨーグルトあえ

こちらは、蒸し煮した千切りパプリカを、水切りヨーグルトと塩で和えたもの。
フルーティな赤ピーマンは、ヨーグルトと和えるとまるでデザートのようです。

おからと人参の中華風

にんじんの中華風おから煮

おから少な目で作りました。
にんにく、しょうが、ねぎのみじん切りが加わると、何でも中華風な気がします。
餃子の具にしても美味しそうです。

おからの美味しい食べ方新発見で、ちょっと嬉しくなりました。

☆にんじんのおから煮☆
(材料)
人参・・・1本
乾ひじき・・・大さじ1
生おから・・・70g
にんにくのみじん切り・・・ひとつまみ程度
しょうがのみじん切り・・・小さじ1/2
長ネギのみじん切り・・・大さじ2
だし汁・・・カップ1/2

みりん、さけ各大さじ1、醤油大さじ2、菜種油

(作り方)
①人参は皮付きのまま3cmの千切り。ひじきは戻しておく。
②フライパンに油を熱して、にんにく、しょうが、長葱のみじん切りを加えて炒める。
香りが出たら人参、ひじきを加えていためる。おから、だし汁、調味料を加えて人参が柔らかくなるまで煮る。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

今日もメロン♪&おやちゃい料理 

2008年5月1日(木)

今日から5月ですねえ。

5月は一年で一番好きな月。
なぜって誕生日月だから。
理由はよく分からないけど、私にとって誕生日はいくつになってもうれしい記念日なのです。

さてさて、今朝も早朝からメロンパン作り。
今日は、クッキー生地を通常通りの量にして作りました。
今日も砂糖は昨日と同様、「花見糖」です。
今日のメロン


見た目、あんまりかわらないですねえ。
味もあんまり変わらないんですよ。。。

じゃ、どうすればいいの??って悩むけど、くどくないんだったら、通常通りのクッキー生地厚めのリッチ系でいこうと思います。

メロンパンの試食がデイリーだときついけど、焼きたては本当にウマッ。
朝ごはんを食べないダンナ様も「これ、美味しい」って食べてました。
そういうつぶやきが、実はとってもうれしいんです。

そうそう、私のメロンパンは表面にグラニュー糖なんてつけませんよ。
これだけで十分美味しいんですからね。
(あくまでも私の好みですけど・・・)

焼きたてメロンパン、早くみんなに食べてもらいたいなあ~。

☆ ☆ ☆ ☆
今の季節、お野菜がとっても美味しいですね。

特に新にんじん、新じゃが、新玉ねぎ、春キャベツは、通年あるものと違って味も格別ですよね。
我が家ではほぼ毎日この4種の野菜が登場します。

人参と春雨のナンプラー和え

人参と春雨のエスニック和え

タイ風サラダが大好物なんですが、ピリ辛はチビっこにはNGなので辛味抜き。
なんだか拍子ぬけだけど、なかなかうまい。
写真のようにたっぷりのレタスと和えてしゃきしゃきいただくのも美味しいです。

人参1本を千切りにして固めに蒸し煮。
戻した春雨、たっぷりめの小口切りアサつきと一緒に、ナンプラー大さじ2、レモン汁大さじ1、メープルシロップ大さじ1/2、ごま油小さじ2で和えました。

ちぎったレタスといただきます。

ガーリックポテト
新じゃがとドライトマトのペペロンチーノ

オリーブオイル大さじ1につけておいたドライトマト5枚を刻んで、にんにくのスライス1/2片分と一緒に弱火で炒め、香りが出たらスライスしたじゃがいも2個分、塩一つまみを加えて蓋をして蒸し煮にします。
じゃがいもにほっくり火が通ったら出来上がり。塩コショウで味を整えます。

これもうま。
おつまみ系です。

ところで、父が作った葉付き人参の葉っぱの処理に困ってましたが、かつらしゃんのレシピに救われました。

野菜好きだけど、人参の葉っぱはどうも苦手。
でも、かつらさんのアイデアで美味しくいただけそうです。

次回は、人参葉レシピを紹介できるといいな。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


プロフィール

Palmama

Author:Palmama
自家製天然酵母パンやお野菜たっぷり料理など、体がよろこぶレシピを公開。
大好きなワインのことも、気まぐれに紹介してます。
夫、私、息子(Pal・2歳)の三人暮らし。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。