ぱるのごはんと家族ごはん

天然酵母パンやヘルシースイーツ、野菜たっぷり料理など、家族が元気になる食卓をお届けしています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パン教室&ワイン会♪ 

2008年5月30日(金)

昨日はオトナだけのパン教室。
ブログつながりの仲良しさんが来てくれました☆

参加してくれたのは、かつらさんゃゃちゃんゆいちゃんyuiさんの4名。
かつらさんとゃゃちゃんは3回目。yuiさんは2回目、ゆいちゃんは初めての参加です。

テーマは「メロンパン」、「イングリッシュマフィン」、「初夏野菜とカッテージチーズのサラダ」。
みんなパン作り経験者とあって、生地の捏ね上がりも早い早い。
お野菜料理の準備もあっという間。

とーってもいい流れで出来上がりました。
ごま入りイングリッシュマフィン
ゴマ入りイングリッシュマフィン

いつもはプレーンのマフィンだけだけど、この日はゴマ入りも作ってみました。
プレーンマフィンの生地に、半ずりの白ゴマを大さじ1加えたもの。

ちょっと香ばしさが加わってなかなかGoodでした♪

パンが焼き上がって、サラダも仕上がったらパン教室は終了!
楽しい試食タイムは私も参加☆
美味しいワインと一緒にいただきました~。

ミュスカセック
ゃゃちゃんが持ってきてくれたミュスカセック2006
ラングドック地区 ミュスカ種100% マスカットの甘い香りがとっても華やか。
味わいはきりっと辛口。香りと風味のギャップが新鮮。
メリハリのあるワインです。
これはリピ決定!夏にぴったりです。

ラパッション
ラパッション グルナッシュ2006
これは私が用意した赤ワイン。
ルーション地区 グルナッシュ100%
果実実がぎゅっと凝縮された濃厚な味わい。色も濃い紫色でやや重め。
甘みがあってまろやかなので渋みは感じず、とってもフルーティで飲みやすい。
危険なワインです。

ちなみにこのワイン、「Real Wine Guide」の本当に美味しい赤ワイン特集で、みごと「旨安ワイン大賞」に選ばれてます。

ニース風サラダ

これは追加で作ったサラダ。じゃがいも、卵、ツナ、アンチョビ入りのニース風です。

ワインが南仏系だったから、ちょっと合わせて作ってみました。

みんなが気持ちよく食べて飲んでくれる姿がうれしくて、私もついついワインを空けてしまいました。
気がついたらいい時間。

みんなかなりいい感じだったらしく、帰路につくまで様々な事件があったようです。

ホントに楽しいパン教室(のち、ワイン会)でした☆
注)いつものパン教室にワインは出してませんよ。(笑

かつらさんのビスコッテイ
これは、かつらしゃんからいただいたおからビスコッテイ(ハーブと雑穀)
ガリガリ感がちょーハマる。香りもとってもいいんです。是非作り方を教えてもらいたいです。

ラムシフォン
大好き♪かつらさんのラムレーズンシフォン
私の誕生日を祝して作ってきてくれました☆うれしすぎ。
これ、本当においしいの。

薄力粉がなくて強力粉で作ったとのこと。
ごめん、違いが分からないよ。
それくらい今回も美味しかったの。

みんな来てくれてありがとね~。


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
スポンサーサイト

くるみとブルーチーズのバゲットとスペインワイン 

2008年5月21日(水)

前回、挑戦的なパンってことでハニーブルーチーズバゲットを紹介したにもかかわらず、またブルーチーズを使ったパンを作りました。

ブルちーノア


単純に、ブルちーが消費できないのでパンにしちゃってるって感じなんですが、この日はワイン教室があったので差し入れパンとして焼きました。ワイン教室は、くせくせチーズOKな方々ばかりなので。

生地は天然酵母のくるみパン。200gの粉で生地を作って、半分はプレーンのくるみパンにしました。

くるみパン3
プレーンクルミパン

材料の配合

強力粉・・・200g
元種・・・80g
てんさい糖・・・小さじ1
塩・・・小さじ1
ぬるま湯・・・100~110cc
ローストしたくるみ・・・30g

ブルーチーズ・・・適量
はちみつ・・・適量

くるみを練りこんだ生地を1次発酵させて、ベンチタイム後の成型の際、半分の生地にブルーチーズを巻き込みました。

仕上げはやっぱり、切り口にたっぷりハニーをのせます。


さて、久々にワインについて。

今月はスペインワインについて学びました。
イタリアばりに様々な葡萄品種があるスペインワインだけど、主品種はテンプラニーニョとガルナッチャ。いずれも赤ワインで有名です。

テンプラニーニョは、若いものと熟成してるものでは風味が全然ちがいます。
若いのはタンニンも酸味も強いものが多いけど、熟成してるものはまろやかでどっしり系が多いです。
スペインは暑い国だから、若いうちに葡萄を収穫しないとダメになっちゃうことが多いらしく、熟成させる技術が必要なので、若いテンプラニーニョが多いみたいです。

ガルナッチャは、フランスでいうグルナッシュと同じ品種だけど、気候が違えば風味も違うワインができるんですよね。飲み比べるとまったく違います。

スペインでは、白ワインをほとんど造ってないんだけど、ポルトガルの上に位置するリアス・バイシャスというところで美味しい白ワインを作ってます。

あと、有名なスパークリングワイン「CAVA」は、バルセロナ近郊で作られています。

この日は、リアスバイシャスの白ワインを試飲しました。

リアス倍謝す
ラベルがなんともおしゃれです。となりの写真は生産者のおじさん。

リアスバイシャス
かなり黄味がかってます。
熟成してとろみがかったこの白ワインは、持参したパンともぴったりでした。

今日はチーズまで用意されてました。
ラングル
シャンパーニュ地方のラングル
ぶりー
フランスのどこかで作られたブリー

もう1本、珍しいワインを試飲させていただきました。

ビーニョ
ポルトガルの白ワイン「ビーニョ・ベルデ」

微発砲で、すっきり軽い白ワイン。
するするいけちゃいます。

ちなみに、お教室ですから、全部空けちゃったわけじゃないですよ。
昼間だし、子連れですからね~。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

パン教室?それともワイン会? 

2008年4月17日(木)

昨日のパン教室に、かつらさんゃゃちゃんyuiさんルーシーさんが来てくれました。

みんなは、ブログを通して知り合ったステキな方々。
既に顔見知りということもあって、和気藹々とスタートしました。

パン教室の様子
ワイン????

この日は大人5人+カワイイベビちゃん(ゃゃちゃん’son)。

いつものおやこパン教室とは違う雰囲気にしたかったので、やんちゃ坊主Palを実家に預けてきました。(←この時点で自分も楽しむ気満々)

みーんなワイン好きだって知ってたから、パンとお野菜料理に合わせてちゃんと用意しておきました☆
ガメイ&メルロースパークリング
まずは、赤のスパークリングで乾杯。
赤のスパークリングというと、オーストラリアの重めのものや甘口のものが多いんですが、これはきりっと辛口。ロゼのようにどんなシチュエーションにも合いそうなワインです。

メルローとガメイと使った、シャンパーニュと同じ方式で作られている本格的なスパークリングなんです。

ベリー系のフルーティな飲み口なので、すいすいっとあっという間になくなっちゃいました。

で、二本目に用意したのはこれ。
モンテカステッリ
トスカーナのモンテカステッリ・ロッソ

私のお気に入りワイン♪
サンジョベーゼ主体で、ブラックチェリーやカシスを思わせるようなふくよかでまるみのある感じ。
タンニンもおだやかなので、とても飲みやすいワインです。

みんなも気に入ってくれたようでした。

バタール
もちろんパンも作りましたよ。(パンが焼けるまではいつも通りのパン教室だったの。)

これは二本目のバタール。

エピは、ハム&マスタードと、お肉が苦手なゃゃちゃんのために提案した海苔&チーズの2バージョン作りました。

この海苔&チーズが他のみんなにも好評で、2回目の生地は全部「海苔&チーズエピ」にしたほど。

「海苔&チーズエピ」のカワイイ画像は、yuiちゃんのレポゃゃちゃんのレポ、を是非ごらんください☆

甘夏ピール
これはルーシーさんのお土産「甘夏ピールのラム酒漬け」。

バタール&ワインにぴったり~☆ラム酒が効いてて美味しかったです。

デザートは・・・、
かつらさんのシフォン
かつらさんの手作りラムレーズンシフォン。←クリックすると詳しいレシピが見れまーす。

細かく刻んだレーズンがぎっしり入ってるのに、生地はふわっふわ。
口に含むとじゅわっとラム酒の風味が広がります。
とにかく美味しくて、普通のシフォンケーキがどんなだったか忘れちゃいました。
シフォンケーキは作ったことがないけど、是非かつらさんのレシピで作ってみようと思います。
まずは型を買いに行かなきゃ。

ゃゃちゃんからはイチゴのお土産、yuiさんからはイチゴ&おススメトマトソースのお土産を頂きました。
これは我が家で美味しくいただきますね。

お教室にきてくれたのに、みんな手土産まで持ってきてくれて大感激☆☆☆
みんな本当にありがとう。

「パンと野菜とワイン」は、私の大好きな組み合わせ。

みんなにも喜んでもらえたようでとってもうれしいです。

是非また来てね~♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

フルーツぎっしりライ麦スティック&Vegeごはん with 仲良しFRIEND☆ 

☆☆☆引き続きお花見プロジェクト大募集中です!!☆☆☆

2008年3月9日(日)

週末に、ラジオ局OL時代のお友達のおうちに遊びに行きました。

現在フリーライターをしている彼女とは、食の好みがものすごくよく似ていて、行きたいお店も食べたいものもタイムリーに同じことを考えてたりするくらい。

私がOLしてたときは本当によく食べに行ったけど、最近はもっぱら家ごはん。

料理も一緒に手際よくちゃちゃっと済ませて、ゆっくりワインを飲みながらお食事タイムです。

raimugisuteikku
フルーツぎっしりライ麦スティック

レーズン、オレンジピール、くるみがぎっしり入ったライ麦パンが手土産です♪
噛むごとにぎゅっと旨みが感じられるハード系のライ麦パンは、ワインにぴったり。
レシピは、後日ご紹介します!!

wain
☆ロワールの白ワイン☆

このワインはお友達のセレクトです。オーガニックワインを取り揃えた恵比寿のトロワザムールで買ってきてくれました。

ロゼのようにみえるくらい濃い褐色。香りはハチミツのようでとても濃厚だけど、味わいはオーガニックらしくさわやかですっと口に馴染む感じ。この日のお料理にもとてもよく馴染んでました。

お料理はもちろん旬のお野菜が主役。

siitake
しいたけのグリル 柚子こしょうとオリーブオイル、塩を混ぜたソースとともに

pasta1
アスパラと芽キャベツのクリームパスタ
塩ゆでしたアスパラと芽キャベツ、新玉ねぎのスライスをショートパスタとマスタード風味のクリームソースに絡めました。
ソースは豆乳、粒マスタード、醤油を合わせた私のお気に入りソースです♪

背後に見えるのはアボガドのスライスを、オリーブオイル+ワインビネガー+塩、こしょうをかけたもの。ねっとりしたアボガドの前菜はシンプルだけど何だか贅沢な気分になります。

pasta2
彼女のリクエストでizumimirunさんの春菊ジェノベーゼも作りました。

やっぱり美味しい~☆ワインにぴったりよ♪izumiさんの料理は野菜好きにはたまりません。
彼女も大喜びです。

yakiyasai
メインはグリル野菜
玉ねぎ、人参、さつまいもをオーブンで1時間じっくり焼いたもの。
野菜って、じっくり火を通すと甘くて美味しい~!!
この玉ねぎなんてとろとろ。
yakiyasai2
とろとろ加減わかるかしら??

玉ねぎはしいたけの芯のみじん切り、アンチョビ、にんにくのみじんぎり、オリーブオイル、白ワインビネガーをあわせたソースでいただきました。

あま~い人参とさつまいもは、オリーブオイルとフルール・ド・セルだけでシンプルに。

これまた贅沢なメイン料理です。

美味しいワインに美味しい料理に、美味しいパン(←自画自賛!?)に、最高のディナーでした。

しめくくりには、必ず次作るものを予定してお別れします。
次回は一緒にパン作りかな。

あ~楽しかった♪♪

そうそう、彼女もお花見PJに参加してくれるかもです。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ




おやこワイン教室 with いちじくパン 

2007年10月11日(木)


月一回のワイン教室に行ってきました。


子連れで参加できるこのワイン教室は、一クラス4名の少人数制。


とてもアットホームで、先生に質問し放題なんです。


私はいつも先生に質問攻めなので、必ず時間オーバーしてしまうんですが、とっても親切に答えてくれます。


お世話になっているので、感謝の気持ちをこめてワインにぴったりのいちじく入り天然酵母パンを焼いていきました。


いちじくパン①


酵母は、ヨーグルト酵母です。


この酵母はとても安定していて、今まで一度も失敗がないんです。


風味は毎回違うけれど、それがまた魅力的。


いちじくパン②中身はこんな感じです


かみしめるほどに口の中でじわっと広がる旨みは、天然酵母ならでは。


パン教室でも天然酵母の美味しさを伝えていけたらなあと思うけど、時間がかかりすぎて難しいかな。でもいつか実現したいです。


さて、今日のワイン教室では、ラベルの読み方を学びました。


本で勉強したことはあるけれど、難しくて頭に入らず、ワインを買うときはいつもラベルとにらめっこしてました。でも、やはり百聞は一見にしかずです。講義を聴くとすーっと頭に入っていくような気がしました。(気がしただけかもですが・・・)


国名はもちろん、地方、地区、村の名前まで入ったフランスのラベルは難しいけれど、どうやらポイントを抑えればそんなにややこしくないみたいです。


とはいえ、やっぱり難しい~。学んだことを、書き込もうと思ったけど、途中で混乱してしまったのでやめておきます・・・。まだまだ勉強が必要だなあ。


試飲ワイン


これは、今月の試飲ワイン。


珍しいドイツの赤ワインです。


95年に生まれた「ドーンフェルダー」というぶどう品種。


軽めだけど、フルーティで香りも華やか。


タンニンが少ないのでまろやかな口当たりでした。

新しい品種のワインだからか、どこかで味わったことのあるような感じもしました。


「これがドイツワインなんだ!」という感動はないけれど、今までちょっと敬遠していたドイツワインに対するイメージが変わりました。


是非、ほかのドイツワインも試したいです。


ただ今、レシピ掲載中→eBalanceDiet.com
プロフィール

Palmama

Author:Palmama
自家製天然酵母パンやお野菜たっぷり料理など、体がよろこぶレシピを公開。
大好きなワインのことも、気まぐれに紹介してます。
夫、私、息子(Pal・2歳)の三人暮らし。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。